今日の風

日々の風を送ります
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

クリスマスから年末・・・

今年ももう後わずか。
なんだかあっという間だったなぁ・・・
来年はもう少し地に足つけて歩きたいもんだとこの時期になると思う。

クリスマスは相変わらず賑やかで今年もつつがなく終えました。
お茶の水博士のサンタさんはますます元気(笑)

xmas2.jpg


ケーキは三種、なかなか良いお味にできました♪

P1010757.jpg


P1010756.jpg


P1010755.jpg






次の日25日は次女のTBS子供コンクール(合唱の部)東関東大会出場のため千葉へ。子供たちは普段の力を精一杯出せてなかなか(^^)それにしても他県のレベルの高さは想像以上。子供たちもそのすばらしさに感動し、そして同じ年の子たちが頑張っていることに力をもらったようです。

tbs.jpg


ここに来て群馬もぐっと冷え込み、スキー場では恵みの雪が・・・
こうして静かに今年も終わりそうです(^^)
スポンサーサイト
【 2006/12/30 (Sat) 】 おしゃべり | TB(-) | CM(2)

今日から冬休み

昨日、小中高の2学期終了式がありそれぞれが通知票を持ってきた。頑張った子に、安定している子に、大学が決まってしまったため緩みきって赤点ギリギリの成績の子に、、、と毎度毎度ながらバラエティに富んだ4枚の通知票(笑)

そんな学期末の書類の中に中2の娘が持ってきた一枚のプリント。
「校長先生からの宿題」
この校長先生、いつも笑顔ではつらつとしていらっしゃるのだが、お話し下さることもなかなかユニークなことが多い。
で、このたび全校生徒に出されたのが「一年の計は元旦にあり。みなさん、各自、元旦に計をたてて下さい。」というものだった。
使い古されている言葉ながらわが家などいい加減だからなかなか一年の計など立てない。うーむ、これは娘と一緒に来年早々立ててみようかなぁー

明日がクリスマスだというのに心はすっかりお正月ムードのわが家であった(笑)
【 2006/12/23 (Sat) 】 おしゃべり | TB(-) | CM(0)

星野富弘展にて

群馬県庁で星野富弘詩画展を開催している。
今年名誉県民を受賞された記念の一環行事だ。展示ボランティアを募集していたので24日間中わずか3日間だが応募させて頂いた。

私自身は特にファンというわけでもなく、等と書くと顰蹙を買いそうだが、どんな空間になるのかを知ってみたかった。2年前、末娘の同級生が突然の事故で星になった。その後、ご両親が富弘さんの本を50冊寄贈して下さった。おぼろげながらわかるような気がするもの本に託されたメッセージは何なのだろうとずっと考えていた。

今回開催される場はおおよそ不釣り合いとも言える前知事室だ、美しい装飾と荘厳な部屋、そんな空間がはたして富弘さんの作風に合うのだろうか、そんな懸念もあった。
事実、最初足を踏み入れたときはそう思ってしまった。
しかしながら、一日座っていると、そこに訪れた人たちの空気とオーラとでも言うのか、そういったものが全てを消し去ってくれるのだ。もちろん、じっくり見て行かれる方ばかりではない。それでもその空間は乱されることなく静かに存在していた。二日目も、同様。ますます、そういった色合いが濃く感じられる中作品集を紐解くと、次から次へと涙がこぼれてきてしまった。理屈では量れない何か。言葉の共有。心の響き。ああ、あの子のお母さん達はこの魂に触れたのだ、、、そんな気配を一瞬感じた。

そんな心を与えてくれた今回の催しに静かに感謝している私である。
【 2006/12/16 (Sat) 】 のほほん・・・ | TB(-) | CM(0)

今年のクリスマス☆

一人じゃな~んにも出来ないけれどステキな先生がいてくれるから今年もあったかいクリスマスアレンジの出来上がりです♪

何かと気ぜわしい師走ですがステキな年末年始を過ごしていきたいです(^^)

P1010751.jpg

【 2006/12/13 (Wed) 】 おしゃべり | TB(-) | CM(4)

笑顔の向こう側

師走。今月こそはゆっくりしようと思っていたのにすでにカレンダーが埋め尽くされている。余り良い状況ではない。無理矢理自分や家族の時間を作っていかないと忙殺。この言葉嫌いだなぁ。そうならないように気をつけよう。

などとゆとりのないことを考えていたらmikannさんから素晴らしいクリスマスプレゼントを頂いた。

長倉弘海さんの「ともだち」。フォトジャーナリストの長倉さんが戦地・貧困の地・紛争の地を歩き撮りためたものだ。どれもこれも子供達の強い眼差しと清々しいまでの瞳にあふれている。
後書きの中で「子供達は紛争地での最初の”ともだち”だった」とある。初めての地で緊張をほどいたのは他ならぬ子供達の笑顔だったのだろう。

今、連日辛いニュースばかりで人事とは思えず気が滅入る日々。それでも生きる力と眼差しを収めた写真集はどんな言葉より力強くそして希望と励ましを与えてくれた。

笑顔を支えていくのは私達大人の一番大きな仕事なのかもしれない。

20061201134452.jpg

【 2006/12/01 (Fri) 】 | TB(-) | CM(2)
プロフィール

karonagata

Author:karonagata
好きなこと

お喋り・笑うこと・映画を見ること・寝ること・本を読む事・食いしんぼすること・琥珀色の液体をたしなむこと。。。

そんなkaroの日々のお喋りです。
ヨロシクね☆

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索