今日の風

日々の風を送ります
011234567891011121314151617181920212223242526272803

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

DREAM GIRLS

夕べオットが「レイトショー(映画の)に行こう」と誘ってくれた。ウチからシネコンまで15分足らず、レイトショーは混んでないし安いので尚良い。

凄いよスゴイ、、、息もつかせぬ、人生に歌にダンスに衣装。ビヨンセの素晴らしさがメディアに上るけどなんのなんの全員主役よ!
ジェニファー・ハドソンの歌には、ついほろり。

え?もう終わっちゃったの?っていうくらい2時間10分があっという間に過ぎてしまった。

力強く美しくソウルフル。お陰様で単純な私は夕べ、素晴らしい歌声を夢でまたまた聴くことが出来たくらい♪

お時間を見つけて是非!

公式サイトはこちら☆
http://www.dreamgirls-movie.jp/top.html

スポンサーサイト
【 2007/02/24 (Sat) 】 おしゃべり | TB(-) | CM(2)

素晴らしい星空の元

今週水曜日、小学校6年生を対象に天体教室を行った。

我が娘の通う学校は荒れていないけど活気もないと評価されている。もしかしたらそう言う学校って多いのかもしれないけど。まだまだ田舎だから子どもの素直さもあどけなさもたくさんある。私は教育者でも何でもない。でも一人の地域のおばちゃんとして子どもの瞳が輝く姿を見るのは大好きだ。

まったく機能していない学年部に今年は風穴をあけると6人の学年部長が走り抜けた一年だった。部長だけじゃない、調整に苦慮してくださった先生方、応援してくださった保護者の方々、そして学年委員さん。

その最後の行事がこの天体教室だった。

子ども達は放課を過ぎても学校にいられる楽しさを十分に味わい、まだ青空が残る空に月を見、金星を探す。

3台の大型望遠鏡と一大の双眼鏡にに歓声を上げ、そして、のぞいてまた歓声を上げる。

意外な子が夢中になり、はじめて見た星々に素直に感動してくれた。寝っ転がって星座を探す子、講師の先生のそばを離れず夢中に質問する子・・・・本当に空の☆のごとくきらきらしている。

やがて暗やみに包まれ土星が上ると子ども達の興奮はピークに。

「すげーホントに輪っかがある!」
「きゃ~~なになに~ちょ~きれい~~」

寒さを凌ぐために粉末のコーンスープを用意したのだが役員ではないお母さん達が子ども達にてきぱきと手渡し一緒に暖をとってくださった。そして、一緒に望遠鏡をのぞき、童心に返って楽しんでくれた。

敷地内に隣接している学童保育の子達も先生達も一緒にのぞく。どの顔も新しい世界に触れた感動でいっぱいだ。

短くて長い2時間余。十二分に楽しんだ子ども達はお喋りをしながらほとんど家路へついた。

その後も夢中になっていたお母様方に今度は講師先生方が大サービスでケータイで天体写真を撮ることを教えてくれた


素晴らしい体験と共有。色々あったけどやってあげて良かった、と先生方としみじみ話した夜だった。。。

昨日は授業参観日、廊下でお母様方が盛り上がっていたのは言うまでもない(^^)

hosi.jpg

【 2007/02/24 (Sat) 】 おしゃべり | TB(-) | CM(2)

10年後?

20年ぶりにパスポートを作りに行った。
生憎写真を撮った日に目が大出血しており(笑)血走ったいいオンナになっていたのだが、時間もないことだし仕方ない。

受付はまだ研修中のかわいらしいお嬢さん。
何かと不慣れだが一途さが良い(笑)
無事受付が終了し、周辺をポテポテ歩いているとケータイがなる。

「パスポートセンターですけど・・・」

「はいはい」

「先ほどのお写真、目が赤いですが、よろしいですか?10年間こちらの写真になりますが」

「いやー(今更とるのも面倒だしこの赤みはしばらく引けないよ)、年は若返らないから良いですよ」

などと意味不明な返事をして切った。

恐らく、「この写真とりかえてくれ!」などと途中で言うお方がいるに違いない。何の仕事も大変だ。と、同情していたのだが。。。

よく考えると。。。。

アタシの顔がかなりひどい状態。。。

だったと言うことか(爆)

P1010790.jpg


真冬とは思えない元気さで咲いているビオラとオキザリス(桃花)
【 2007/02/21 (Wed) 】 のほほん・・・ | TB(-) | CM(2)

ささやかにお祝い、、、

小6の娘が中高一貫校にチャレンジしていました。
倍率女子6.6倍。何を好きこのんでと横着者の私たち親は思っていたのですが、本人至って大まじめ。最後の2ヶ月は塾まで探してきて懇願する始末、、、そこまで覚悟が出来ているのならと私たちも腹をくくる。。。

今日がその発表日。「落ちても受かっても辛いことには間違いない。でも私たちはいつもそばにいるからね」と送りだしたものの悶々。親なんて意気地がない。高校受験よりよほどしんどかった(親が)。

それでも、合格の中に娘の番号を見つけたときは何とも嬉しくて指がふるえてしまった。。。そう、今はWEBサイトで合格を知る事が出来るんですね。入力のバイトに一緒に来ていた友達全員で確認してくれて(何しろ私のおっちょこちょいは有名なので)めでたし、めでたし。。。娘の学校からは一人しか受からなかったため残念な結果ではあった。それでも家ではたくさんたくさんご苦労様を言ってあげたい。

それにしても、、、親が付いていけるのかそれだけが心配(^^;;

私自身も今日は教育賞の奨励賞を頂き授賞式だった。今年は専門職の方々からの提言が多く「命」がキーワードとして多数盛り込まれていた。たった一つの大事な命。紡いでいかなければならない大人のあり方をあらためて感じたりもした。

なんだか長い長い一日でした。。。

拙文をアップいたしました。推敲不十分も甚だしいのですがご笑覧下さい
【 2007/02/06 (Tue) 】 のほほん・・・ | TB(-) | CM(10)
プロフィール

karonagata

Author:karonagata
好きなこと

お喋り・笑うこと・映画を見ること・寝ること・本を読む事・食いしんぼすること・琥珀色の液体をたしなむこと。。。

そんなkaroの日々のお喋りです。
ヨロシクね☆

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。