今日の風

日々の風を送ります
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

被災地にて3~学生達と行ったいわき市豊間地区

GW三連休中の3日、我が家の長女、二女、三女を含め、高校生、大学生その家族総勢15名で
再びいわき市豊間地区にお邪魔してきました。
すでにニュースで流れていましたが東北道は大渋滞、一方福島へ行く常磐道は大きな渋滞もなく
ほぼいつも通りの時間で到着しました。
今回は畑へ流れてしまった物を片付けさせていただくことになっていました。

突然現れた被災地に子どもたちは言葉もなく、ただただ呆然としていましたがやがて誰に指示されるのでもなく
懸命に動き始めました。そうせねばならない、そんな気持に動かされたのでしょう。

DSC03399.jpg

DSC03405.jpg

おひるごはんは持参で行っていましたが炊き出しボランティアに来てくれている学生さんたちがいると言う事で
一緒に食べてくださいと…恐縮しながら少し分けていただきました。

DSC03400.jpg

神田外語大学中華料理サークルの皆さんと言う事でアツアツの中華料理を地元の方々にふるまっていました。
公民館の中では紙芝居などもしてくださっていたようで(私達は中には入りません)子どもさん達も連休中、束の間楽しい時間を過ごしたのではないかと感じました。

この地域は比較的ボランティアが入らない場所です。
それでもこの日はたくさんの方々が多くの場所に入っていて心が温かくなりました。

一方で被災地観光に来ている人は後をたちません。
子どもたちは怒りを抑えながら作業を進めていましたが「一人でも多くの人がこの状況を見て発信して
支援してくれると信じよう」そんな風に話しながら作業をさせていただきました。
一緒に行った学生達の様々な感想は私達大人では気がつかない視点もあったようです。
そしてこれから先の復興には自分達の今、しんどいなぁと思っている学びが実はとても必要になってくると言う事も。

「若い子たちに来てもらって嬉しかった。また忘れないで来てくれると嬉しい」と仰って下さった地元の方々に
深くお礼をして豊間を後にしました。


IMGP0633.jpg

プレハブの仮事務所前にマリーゴールドが植えられていました。
恐らく流されてしまったであろう鍋や引き出しにそれは植えられていました。

DSC03407.jpg

津波により壊れてしまった公衆電話には命が巣作りを始めていました。

DSC03404.jpg

行けばいくほど私自身は思うこととできないことへのギャップが大きく、涙ばかり流してしまいそうになるのですが子ども達と共に行った時間を忘れずに出来ることを自分の足元からと改めて思うのでした。

DSC03401.jpg


スポンサーサイト
【 2011/05/08 (Sun) 】 豊間にて | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

karonagata

Author:karonagata
好きなこと

お喋り・笑うこと・映画を見ること・寝ること・本を読む事・食いしんぼすること・琥珀色の液体をたしなむこと。。。

そんなkaroの日々のお喋りです。
ヨロシクね☆

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索