今日の風

日々の風を送ります
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

明日へ。

すいません。。。カンボジアまだ引っ張ります(^^;;
今回で終わります。

数々の遺跡を巡りましたが最後はクメール美術の至宝と言われているバンテアイ・スレイへ。
フランス人作家のアンドレマルロー(のちのフランス文化大臣)がその美しさに盗み出そうとしたいわくつきのデヴァター(東洋のモナリザと呼ばれています)があります。

他と違って赤い砂岩に細かいレリーフが施されています。小さな寺院ですがこの砂岩があってこの地に構えたのかもしれませんね。

P1015662.jpg

王朝が衰退し次代が流れていく中で「あそこには良い石があるらしい」と評判になって砥石として使われていたと言います。
縁が凹んでいるのが判るでしょうか。生活感あふれていて面白いです。

P1015657.jpg

世界遺産で泳ぐ子どもたち。
もしかすると後何年か経つとこういう光景が見られなくなってしまうのかもしれませんが出来れば生活と共にある遺跡であって欲しいなと思ったりしました。

P1015665.jpg

私たちがカンボジアを訪れたのはちょうど「水祭り」という祭典が行われていました。
雨季と乾季の変わり目、満月の前後3日間に行われるボートレースです。
各地域の人々が出るのだそうでそれはそれは賑やか。本当はツアーには含まれていませんでしたが夕食まで時間があったのでガイドさんが連れて行って下さいました。
私が何度か話を投げかけたせいもあるかもしれません。

P1015673.jpg

河岸にはたくさんの露店。
ガイドさんも地元の友人達とすれ違うたびに笑顔で答えています。
ああ、本当にこのお祭りを楽しみにしているのだなぁという感じ。
地方からも水祭りにはたくさん出てくるようです。

こんな光景をたくさん見かけました。
カンボジアはまだまだ車もバイクも一般には贅沢品です。

P1015668.jpg

露店にはフルーツやトウモロコシ、タランチュラやコオロギ、様々な食べものが所狭しと並んでいます。
「食べるものが本当に無かった。何でも食べた。そして今でもカンボジアは貧しくそれでいて物価は高い。だから何でも食べますよ」とガイドさん。きっと今までそう話して日本人から色々言われたのでしょう。
淡々とそれでいて少し自虐的に語ってくれました。

P1015669.jpg

長い長い内戦とクメールルージュによる大量殺戮は影を落とし続けている気がガイドさんからの話から感じられました。
裕福になれば良いとは思っていませんが「学ぶ」ことを奪われてしまった事がその後に及ぼす事態は想像以上に大きいと感じる場面も何度かありました。

P1015671.jpg

子どもの笑顔が明日へ続く事を願いながらカンボジアを後にしました。

P1015599.jpg

トランジットで訪れた三年ぶりのホーチミンはすっかり変化を遂げていました。
地方の人々は今どういう暮らしなのだろう、溢れるようにいた路上生活者はどうなったのだろうとふと思いました。
再訪できる事を願いながら。

P1015691.jpg



スポンサーサイト
【 2015/03/19 (Thu) 】 | TB(-) | CM(4)
あさちゃさん
お祭りの楽しさは世界共通ですね(^^)!
皆さんが楽しそうな顔されているのを見ているだけで嬉しかったです。
【 2015/03/31 】 [ 編集 ]
お祭り、いい風景。嬉しくなりますね。
【 2015/03/29 】 [ 編集 ]
ならばくん
普通に学べて普通に笑っていられることがどんなに尊いことか・・・
【 2015/03/20 】 [ 編集 ]
ならば
こどもの笑顔が溢れる国がいいですね。
【 2015/03/20 】 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

karonagata

Author:karonagata
好きなこと

お喋り・笑うこと・映画を見ること・寝ること・本を読む事・食いしんぼすること・琥珀色の液体をたしなむこと。。。

そんなkaroの日々のお喋りです。
ヨロシクね☆

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索