今日の風

日々の風を送ります
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

訃報「奇跡のシェフ」と呼ばれた神尾さん

初めてお会いしたのは前橋市内のファミレス。地域SNSが全国の自治で導入されお互いそのメンバーだった。
風貌から(神尾さんはご自身の写真を掲載されていたので)神尾さんではないかと思い切って話しかけたのがきっかけだった。

その頃、神尾さんは「前橋をなんとかしたい」と様々な活動をしていたと記憶している。
末期癌だと知ったのはそれから間もなく。
「俺、料理人だからさ、料理で前橋に恩返ししようと思ってるんだ」と同時に「自分の体で身体に良いものを試している」と語って下さった。

大好きな音楽と美味しいお料理が楽しめた「RESTAURANT&LIVE POCO」は体調が悪化するまで6年間前橋中心街に灯りをともしてくれた。

その後、神尾さんは「俺がいなくても残っていくもの」を模索していたように感じている。
県産小麦粉とデュラムセモリナ粉を使った麺の開発、料理講習、後輩への指導など身体が許す限りアクティブに動いていた神尾さんは昨年上毛新聞社のクラウドファウンティングにより本を出版する。
この春には幻冬舎からも出版、数々のメディアにも取り上げられベストセラーになっている。

なぜ神尾さんに引き付けられるのか
それは彼自身が身を以て呈した言葉が語られるからだと思う。

ウィットにとんだ会話が大好きだった。

tontonボールも牛タンのシチューもシークワーサーを使った酸っぱいドレッシングもキャビネプリンももう食べる事は出来ない。

それでも、神尾さんが残して下さったものは数多く偉大だ。

自分の体を作る「食」

大切にしていこう。神尾さん、有難うございました。

いつかまたお会いしましょう。

奇跡のシェフはこちらから

kamio.jpg
スポンサーサイト
【 2017/05/10 (Wed) 】 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

karonagata

Author:karonagata
好きなこと

お喋り・笑うこと・映画を見ること・寝ること・本を読む事・食いしんぼすること・琥珀色の液体をたしなむこと。。。

そんなkaroの日々のお喋りです。
ヨロシクね☆

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索